Q&AQuestion & Answer





Q&A

みなさまのリノベーションに関する疑問、
コムホームで出来るリノベーション内容などについて
お答えしております!
Q1 相談するのに費用はかかりますか?

A1
かかりません。
コムホームでは、見積り・プランニングを無料で行っています。

リフォーム・リノベーションで何を優先するかは人それぞれです。
デザイン、実用性、費用、時間などなど。

他社とも十分に比較した上で、イメージにぴったり合致したものをお選びください。



Q2 リノベーションにかかる費用は?

A2
フルオーダー、セミオーダー、様々なスタイルを採用しており、目安としては50㎡=500万円前後となっています。

オプション追加やグレードの選択で上下する場合もあるので、あらかじめ予算をお伝えいただければ、
それに合わせた見積りをご用意させていただきます。



Q3 リノベーションの期間はどのくらい?

A3
これも工事内容によって様々ですが、打合せ期間が約5週間。
工事からお引き渡しまで8週間を目安に行っています。

こちらもご要望によって前後する場合があるので、基本スケジュール掲載ページにてご確認ください!



Q4 リノベーション費用もローンが組めるってホント?

A4
購入費とまとめてローンが組めます。が、適用されないケースもあり注意が必要です。
中古物件を買ってリノベーションをする際、リフォームローンと住宅ローンを組むことになります。

ただし金融機関によってはひとつのローンとしてまとめることもできるんです。

ローンを一本化できるため諸費用が抑えられる上、金利も低いのでオトクです。

「フラット35」などリノベーション向きのローンがありますが、適用されないケースもあり注意が必要です。

資金計画も理想の住まい探しの大事な要素。
そちらもリノベーションと合わせてご相談をお寄せください。



Q5 「リフォーム」と「リノベーション」の違いって?

A5
現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、
明確な線引きはされにくくなってきています。

しかし、「リフォーム」と「リノベーション」はそれぞれ異なるメリット・デメリットと
「工事の規模」や「住まいの性能」に関する違いがあります。

  
設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の
比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。

一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。

リノベーションでは、「フルスケルトン」といって全てを解体し、躯体構造だけにして改修を行うケースも珍しくありません。
そのため、部分的な改修を行なうリフォームに比べて、工事の規模が大きいのが特長です。


新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。

一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。

また、住宅にオフィススペースを設けたり、オフィスビルを住宅用に改修する等、
用途の変更が伴うリノベーションのことを「コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。


日本でも少子化で廃校になった学校がオフィスや福祉施設となったり、
オフィスビルが供給過剰となっている地域で多くの空室が発生し、
その対策としてマンションとするコンバージョンが見受けれます。

リノベーションでは、プランニングの段階から改修に使用する素材などをオーダーできるケースも多く、
断熱や採光、通風、省エネ、耐震設計などお住まいの性能を大きく向上させる改修が可能です。

そのほか収納性の向上など、生活するうえで欠かせない箇所の改善も図れるので、住宅の価値もグッと高まるでしょう。



Q6 リノベーションのメリットとは?

A6
まず大きなメリットとして、リノベーションした方が、
新築住宅を購入するよりも立地条件の良い物件を安価に購入することが出来るといった部分になります。

また、新築物件を購入する場合は、間取りや設備が決められていますが、
リノベーションの場合は自分のライフスタイルに合わせた間取り・デザインにすることができ、
オリジナリティ溢れる住まいにすることが出来るといったメリットがあります。



Q7 リノベーションで変更できないところはある?

A7
マンションでは、専有部分(住戸内)に関しては、間取り変更をはじめとして、たいていの変更が可能ですが、
玄関ドアやサッシなどの共用部分に関する変更は、できないケースがほとんどです。

また、専有部分内でも、上下階との関係で、キッチンや浴室などの水周りの移動に制限が生じたり、
使用できる床材が制限されたりすることも。

一方、一戸建ての場合は、管理規約のようなルールはないものの、建築基準法に照らす必要が。

階段の位置を変えるなどの大規模な変更は、建築確認が必要になります。

また、総じて間仕切り壁が耐力壁であることが多いので、
間仕切り壁を移動するようなリノベーションは難しいケースも多くなります。



Q8 リノベーションの魅力は?

A8
一番に言えることは、住まう方のライフスタイルに合わせた「自分らしさが最大限に表現された住まい」が
実現できることです。
 
リノベーションは既存の建物を素材にした自由設計の家なので、
間仕切り壁をはぶいたゆとりのあるの生活空間や、
デザインと機能性に優れたシステムキッチンの導入、自然素材にこだわった趣のある部屋など、
生活に合わせた自分スタイルの快適な住まいを創りあげることができます。



Q9  イメージがまとまっていないのですが大丈夫ですか?

A9
ほとんどのお客様は、具体的なイメージがないことに不安をお持ちですが大丈夫です!
一緒にイメージを固めていきましょう!

ただ、少しずつ雑誌やHPの施工事例を見ながら「好きなもの」と「そうではないもの」などについて、
ご家族で話し合っていただくと打合せはスムーズに進みます。



Q10 完成するまでの期間はどれくらいですか?

A10
設計期間は約1.5~2か月、工事期間は約2~3か月を目安としています。
工事内容などによって期間が異なりますので、余裕をもった計画が必要です。

なお、物件探しから当社にご依頼いただく場合は、さらに余裕をもった計画が必要となります。

こういったことも、ぜひお気軽にご相談ください。




内装・小物

内装・小物


ドアノブやトイレのペーパーホルダー、
タオルハンガー等、欧風金物で演出。
ハンドメイドの温かみが感じられるドアハンドルやフック。

デジタル印刷壁紙で家族の好みに合った空間を創ること。
明るく鮮やかなインポートの壁紙、ラグジュアリーなダマスク柄の壁紙、海のすぐそばに住んでいるような気分になれるホワイトウッド調の壁紙。

あなたの好きな空間を創造していくこと。
これが私たちの願いです。

サブタイトル


テキスト

サブタイトル


テキスト